子どもの歯の健康のための治療や予防|美しい歯を作る矯正歯科

様々な歯科医の治療

歯科医でおこなう保険適用外の治療

歯医者さんで支払う費用と言えば、治療費や薬代や検査代などがすぐに思いつきますが、最近では審美歯科やインプラントなどが歯科医業の医療報酬に貢献しています。 いわば健康保険が適用されるかどうかであるとも言え、適用内あれば数千円から多くても数万円で済む一方、適用外であればインプラントは一本あたり平均40万円前後、矯正歯科は装置などにもよりますが、メンテンス代なども含めて100万円ほどになることがあります。 また予防歯科の観点から、歯石・歯垢除去に訪れる人も増え、その際の費用は数千円程度となっています。 噛み合わせが悪いと健康を害することもあり、病気との因果関係がはっきりすれば、将来保険の適用範囲が変わる可能性もあるかもしれません。

歯医者さんのこれまで

歯科医はいまでこそ歯やそれにまつわるすべての治療や措置をおこなっていますが、中世では役割がはっきりとわかれていました。たとえば、現在でも発展途上国などに行くと見かけますが、歯を抜くだけを生業としている人が存在していました。他には歯に関する薬を扱う人、時代が下って入れ歯を作る人など、棲み分けがおこなわれていたのです。 現代のような歯科医は江戸時代にも民間レベルで存在はしていましたが、法で整備されたのは明治に入ってからで、当初は普通の医師と同じでしたが、そこから歯科医として分かれていきました。 そして現在にいたるまで、治療や薬、そして医療とはやや異なる形成など、歯科医のおこなう業務はじつに多様になっています。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013