子どもの歯の健康のための治療や予防|美しい歯を作る矯正歯科

ピックアップ

歯をアピールする笑顔の女性

様々な歯科医の治療

歯科医でも、健康保険が適用されるものであれば数千程度になります。しかし、適用外のインプラント治療になるとメンテなども含めて100万程になります。将来、この治療の必要性が認められた場合適用される可能性もあります。

» readmore

男性歯科医師と女性患者

虫歯の治療は必要

虫歯は、頬って置くと強い痛みを出し最終的には抜歯するひつようがあります。歯を抜いてしまうと、入れ歯や差し歯になってしまうこともあります。また、虫歯だけでなく葉の健康のためにクリーニングや歯石取りは定期的に行いましょう。

» readmore

医療設備と女性歯科医師

歯科の歴史

紀元前前から、歯の治療は行われており歯科の歴史はとても古いものになります。そして、現在も歯科医療は進化を続けています。虫歯の治療だけではなく近年では、審美的治療の需要が高まりつつあります。

» readmore

美しい歯並び

早め早めに行なうことが大事!子供の矯正歯科を行なっているクリニックがあります。大人になってからだと何かと負担が大きいですよ。

痛みのない治療も可能です。五反田の歯科は痛みを抑えて治療をしてくれるため、歯医者嫌いの方も通うことが出来ます。

悪い歯並びが及ぼす子供への影響

近年、子供の虫歯予防の為に歯磨きの習慣が重要であることは十分に認識されています。歯磨きと同様に、子供の歯並びや噛み合わせについても親が注意して見守ることもとても大切です。歯並びや噛み合わせが悪いまま放置すると、歯と歯の間に汚れがたまりやすくなり、虫歯や歯周病になる可能性が大きくなります。歯並びが悪いと食べ物が噛みにくくなります。噛みにくいことにより、あごや肩に負担がかかり頭痛や肩こりが起きる場合があります。歯並びが悪いと舌の位置がずれて発音がしにくくなることがあります。思春期の見た目を気にする多感な時期に、歯並びが悪いことを恥ずかしいと感じたり、コンプレックスを感じてしまう子供もいます。歯並びや噛み合わせの治療は、普通の歯科ではなく矯正歯科になります。

矯正歯科での治療の時期と効果

子供の歯並びや噛み合わせの治療は、乳歯が生えて永久歯が揃い始める5〜10歳頃が最適といわれています。この時期は、舌の位置を正しくする装置やあごを広げる装置を用いて、永久歯がきれいに揃うように準備をします。永久歯が揃った12〜15歳頃には、本格的に矯正装置を付け、あごと歯並びの治療を並行して行っていきます。成長途中のあごの骨を矯正する事であごの変形を防ぎ、大人になってからのあごの手術の可能性を減らすことができます。歯が悪い方向に生えてしまう原因を減らすことが出来る為、抜歯の可能性が減少します。大人になってからの矯正歯科での治療費は、健康保険の適用外となり全額負担になります。しかし、発育段階での子供の矯正歯科での治療費は、医療費控除の対象になり家計の負担を減らすことができます。子供の歯並びや噛み合わせが気になる場合は、矯正歯科での相談をお勧めします。

ホワイトニングをしたい方は歯科医院へ通院してください。大阪にある審美歯科はホワイトニングなどに力を入れています。

駅から近く、土日も診察をしています。歯列矯正を横浜でしようと検討している際は、自分の条件に合った歯科医院を見つけましょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013